female doctor working

最初に行くべき医科

a doctor with medicine vial on the hand

病院にはそれぞれ内科、外科、整形外科など病院に設置されている各科があります。中でも内科と言うと風邪にかかったりした時など、1番皆さんが思い浮かんだり、かかったりする科だと思います。健康であり、病院に行く機会が少ない事こそが何より大切な事ですが、体調の異変はいつどこでどのように起きるか、予測は出来ません。転んだりぶつけたりすると外科や整形外科かな、と予測は出来ますが、それが腹部などどうしてこのような状態になったのか予測不能な時には、不安は募るばかりです。病院に駆け込む時は受け付けの人に症状を伝える事で受診科を教えてもらえる事がほとんどです。特に内科には心臓などを診る循環器内科、血液に対しての専門の血液内科、呼吸に関する呼吸器内科などいくつかに分けられています。

内科には循環器内科や血液内科、呼吸器内科などそれぞれ専門の科に更にわけられています。街の病院では一括して内科、と総括しているところが多く、それはそれで医師の診察結果次第で、更に詳しく検査しなければならない、専門の医師に診てもらった方がいいと判断した時は大学病院など、連携している病院に紹介されたりします。大学病院など大きな病院では、その人に必要な内科で受診しますが内科の中で必要であれば、循環器内科から血液内科にまわされたりと必要に応じて、対応しているようです。地域連携医療としてかかりつけ医と大学病院などとの情報交換が確立、推奨されているので病状が安定した後も大学病院などと情報を共有してくれるので患者としては街のかかりつけの内科の元で安心して受診出来ます。